家庭でリハビリにチャレンジ

家庭で出来る歩くリハビリ

自宅で歩行リハビリしていこう

リハビリには、歩行のリハビリがあります。ただ歩くだけではなく、ポイントをおさえながら歩いていく事で、病気のリハビリになったり、筋力回復にもなっていくのです。例えば、脳卒中や脳梗塞、脳出血にかかってしまった方も、歩行リハビリをするケースがあります。このような病気を持ってしまった方にとって、歩く事も非常に困難になってきますので、正常な歩行に慣れていくためにも、少しずつ、無理のないように歩行練習をしていく事が重要です。

 

注意点を守りながら歩行リハビリをしていけば、自宅でも歩行練習を行い、回復に向けていく事ができます。動くためのベースをしっかりと整えるサポートをしてくれる埼玉 リハビリ志高理学整復院がお勧めです。やりたいことをやれるという希望に繋がります。

 

実際に、ご家庭で歩行リハビリを継続させかなり回復したという患者さんも多いです。ご自宅で気軽に受けられる訪問マッサージ 名古屋のたきこ接骨院では、一人の患者様に継続して同じ担当者が施術を行うので安心ですよ。ご自宅での時間や空間を有意義に使ってリハビリしていきましょう。

 

リハビリに励む夫婦の画像

 

歩行リハビリで気を付けなければいけないポイントは

歩行のリハビリは、簡単そうに見えて、実は結構難しいです。重要なポイントもあり、注意しながら歩行をしていかなければなりません。例えば、歩行のリハビリでは、「足を上げる」という指示を見かけますが、厳密にはこれは正しい指示ではありません。足を挙げようと意識をする事で、体に余分な負荷がかかってしまい、異常な反射や緊張が誘発されてしまう事があるので、あまり良くありません。

 

脳卒中病などの時は、力を入れるような筋トレも良くありません。脳卒中という病気の根源は脳の回路で、麻痺疾患のリハビリとなるので、力んでしまうようなリハビリ練習はすすめられないのです。

 

歩行リハビリの正しいやり方

歩行する時は、足を上げようと意識するよりも、骨盤を動かし、足が骨盤からぶらさがっているような感覚で歩く事がポイントです。正しい骨盤の位置を意識しながら歩きましょう。座った姿勢で歩行練習するというのも、実際の歩行練習の際に役立ちます。

 

どうやってトレーニングしたら良いのかわからず困った時は大阪市 訪問マッサージに相談してみるのもよいですね。無料体験も出来るそうですよ。